書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


詩人 加納光於――稲妻捕りの詩学――富山県美術館「瀧口修造/加納光於《海燕のセミオティク》2019」展記念講演・採録 林浩平
すべての顔を負った「パブロ・ピカソ」――どんな証言よりも淡々と、生々しさをともなって展開 町田つかさ
金武湾闘争の生存の思想・運動から近代をとらえなおす――いま、何かに取り組んでいる人や運動に参加している人にこそ、本書を手にとってもらいたい 大野光明
極小の物語による極大の主観性――現実とはなにかをわたしたちに考えさせる力を持っている作品 福田育弘
「見えない美」を追い求めて――造形論の視点から熊谷守一を捉え直す試み 石崎尚
流行小唄を支えたメディア環境――「流行歌を介して民衆と社会とが繋がりえた時代」を描き出す 菊池哲彦
和声論の歴史的変遷を体系的に概説――「ハーモニー」と「和声」を使い分け、従来の教科書的和声理論と一線を画す 木村直弘
社会運動に対立を越える連帯を求めて――現在の国内外のさまざまな抗議運動や抵抗運動でも参照されていい一書 木原滋哉
日本の占領政策と関わった対日協力者――その政治構想を明らかにし、選択肢の意義と可能性を検討する 三好章
兵士の主観的な占領体験――膨大な日記や手紙を含む、豊かな史料をもとにえがく 土屋由香
「受容の活性化と、将来的な展開」というあらたな賢治理解の位相を提示――戦時下から、敗戦後の「教科書」における賢治受容の有様に焦点を当てる 久保隆
「本当の祗園祭」を知るための優れた一冊――過去を踏まえながら現在を捉える独自の視点 佐藤弘隆
ささやかな生と巨大な物語――最後のページをめくり終え、物語の内側での旅路を終えるとき、タイトルに選ばれた言葉は小説の外側にもあふれ出し、きわめて倫理的な問いとして姿を現す 藤井光
柄谷行人に文学は回帰するか――本書のスタイルは理論の書というよりむしろ現代詩である 大澤真幸
うたをめぐる文化と空間の展開を明らかに――これまでの創られた伝統論、真正な文化をめぐる観光学的研究などと一線を画す 足立重和
フロイトの「メランコリー」理論のさらなる精緻化とその射程――現代人の自己意識を場合によっては「隠喩」として拘束しかねない心的疾病たる「鬱」に関して実証的な精神分析的記述を与える 遠藤不比人
徂徠学にできることはまだあるのだろうか?――徂徠の「風俗」論のアクチュアリティを示す 板東洋介
妖怪の現れる懐かしい道――地理学の立場からアプローチする著者の新著 芹澤知広
国家犯罪に承認を与える「リベラルな報道」――十分に読み直される価値がある、その有用な証言 吉田裕
神話をもてあそび、権威を茶化し、性にまつわる妄想まで執拗に描く――百年前のラヴクラフトと『ユリシーズ』の時代の息吹 下楠昌哉








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 なめらかな世界と、その敵
(伴名練)
2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
(石川九楊)
3位 罪の轍
(奥田英朗)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 一人暮らし
わたしの孤独のたのしみ方
(曽野綾子)
3位 のっけから失礼します
(三浦しをん)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約