書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


各種イベント・フェア情報をご紹介します。

◆石牟礼道子の世界―事実・表現・想像力◆
第9回〈著書を語る、著者と語る〉
講師・米本浩二さん
『評伝 石牟礼道子―渚に立つひと―』の著者

『苦海浄土』出版から50年。石牟礼道子は何を問いつづけたのか。
没後2年。命日2月10日を前に、生前最も信頼されていたジャーナリストが、
石牟礼の人間像とその知られざる魅力を語る。



■日 時:2020年2月8日(土)午後2時~4時(開場1時30分)
■会 場:武蔵野スイングホールレインボーサロン(南棟11階)
・JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」北口下車徒歩1分
■参加費:1000円
■受付:申込み先着200名(全席自由席)
■主催:出版NPO「本をたのしもう会」
http://www.npo-honwotanoshimoukai.com/tyosyowo.html#200208yonemoto
 
成田龍一先生 日本女子大学 退職記念講演会
「歴史家の倫理と責任─「事実」と「フェイク」の時代に」

今春、日本の近現代史研究をリードしてこられた成田龍一先生が、
日本女子大学で定年退職を迎えられます。先生は、人間社会学部
創設時より30年にわたり大学での教育にも貢献されました。わたし
たち元成田ゼミ生有志は、先生から受けた学恩に感謝するとともに、
先生ご自身の研究・教育活動の大きな節目を祝して、記念講演会を
開催することといたしました。多くの方々にお集まりいただき、皆様と
成田歴史学のエッセンスを分かち合えれば有難く思います。
成田龍一先生退職記念講演会実行委員会

■日時:3月8日[日]
・開場12:30
・13:00~14:30講演
・14:45~15:45懇談会

■場所:アルカディア市ヶ谷 6F「阿蘇」
東京都千代田区九段北4-2-25
tel: 03-3261-9921(代)

■入場無料〈申し込み制〉
メールにて申し込み【e-mail: narita.lecture@gmail.com】

■主催:成田龍一先生退職記念講演会実行委員会
■問合せ:日本女子大学人間社会学部/体育研究室:夏井
tel: 044-952-6951(月~水)

 









リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 なめらかな世界と、その敵
(伴名練)
2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
(石川九楊)
3位 罪の轍
(奥田英朗)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 一人暮らし
わたしの孤独のたのしみ方
(曽野綾子)
3位 のっけから失礼します
(三浦しをん)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約